Top Page › 心理学 › 人の心理 › 失敗を認めない人の心理
2020-05-26 (Tue) 13:12

失敗を認めない人の心理

仕事でミスをしても言い訳ばかりして絶対に謝らない人

責任を他人になすりつける人

周りにいませんか?

自分のミスを認めずに謝らない人の心理の多くは

自分を正当化しようとする自己正当化の心理で自分で自分を騙す心の働きです。

ミスをしたと言う罪悪感から逃れたい、非難から身を守りたい

と言う気持ちが強くなると自分は悪くないと思いこもうとします。

そして、上司や職場の環境も悪いし、体調も悪かった

など自分を正当化する為の理由付けをしそれを信じ込んでしまうしまいます。

さらにエスカレートすると自分に能力があったからこの程度のミスで済んだ

と考える場合もあります。


自己正当化のタイプ

・責任転換型
 ミスの可能性を注意しなかった上司が悪いなど自分に責任がないことを主張する
 自己愛が強い人に多い

・巻き込み型
 誰もが間違えるなど他者にも同じミスがあることを指摘して自分だけが悪いのではないと主張する

・特別主張型
 今回は体調が悪くて、たまたま運が悪かったなど
 今回が特別であることを強調し問題をすり替えようとする

・詭弁型
 もっともらしい理屈を並べて自分のミスを強引に正当化しようとする
 都合の良い数字ばかり並べて信憑性を高めようとする


関連記事

スポンサーリンク

2020-05-26

Comments







非公開コメント