Top Page › I.B.D健康情報館~記事 › 疲労は痛みや発熱と同様、三大生体アラーム|脳疲労をチェックしてみよう
2024-04-14 (Sun) 15:02

疲労は痛みや発熱と同様、三大生体アラーム|脳疲労をチェックしてみよう

疲労は三大生体アラーム
疲労は、痛みや発熱と同じように「これ以上運動や仕事などの作業を続けると身体に害を及ぼす」という人間の生体におけるアラームと言えます。

痛みや発熱と合わせて三大生体アラームと言われています。

多くの人は、痛みや発熱に関しては鎮痛剤や風邪薬などで対処しているかと思います。

ですが、疲労に関しては痛みや発熱ほどに危機感を感じられずに対処できていないのが現状です。

適切に休息を取らずに疲労が蓄積してしまうと心身への負荷が大きくなっていきます。

そうなると思考能力や刺激にたいする反応の低下、注意力の低下、行動量の低下、目の疲れ、頭痛、肩こり、腰痛などの症状が現れるようになります。

疲労による症状は、個人個人で異なりますが多くの人に出る症状は目や肩、腰になります。

男性の場合は特に腰の痛みが多く、年代が高くなるにつれて目の疲れが出やすくなる傾向があるようです。

一方、女性の場合は肩こりや首筋のこりが多くみられるようです。

続きはこちら
↓↓↓

関連記事

スポンサーリンク

2024-04-14

Comments







非公開コメント