Top Page › メンタルヘルス › 自閉症スペクトラム症とアスペルガー症候群の違いは?
2024-04-14 (Sun) 08:45

自閉症スペクトラム症とアスペルガー症候群の違いは?

自閉症スペクトラム症(ASD)とアスペルガー症候群の違いについては、歴史的な背景と診断基準の変遷によって理解されます。

かつては、アスペルガー症候群はASDの中でより軽度の症状を示し、言語発達に遅れがないという特徴を持つ独立した診断とされていました。

しかし、2013年に発表されたDSM-5では、アスペルガー症候群はASDの診断の下に統合されました。

これは、ASDとアスペルガー症候群の間に明確な区別をつけることが困難であるという認識に基づいています。

ASDは、社会的コミュニケーションや行動のパターンに特徴が見られる広範な発達障害です。

これには、対人関係の構築や維持に困難がある、反復的な行動や限定された興味を持つ、非言語的コミュニケーションに課題があるなどの特徴が含まれます。

一方で、アスペルガー症候群は、言語的な遅れが見られないことが多く、知的能力にも障害がないことが特徴でした。

しかし、社会的コミュニケーションの困難さや特定の興味に対する強いこだわりなど、ASDの特徴を共有しています。

現在では、アスペルガー症候群はASDのスペクトラムの一部として捉えられており、個々の症状の程度や特性に応じて支援が提供されます。

この変更は、個々の症状に焦点を当て、より個別化された支援を提供することを目的としています。

ASDの診断基準の変更は、発達障害に対する理解を深め、より適切な支援を行うための重要なステップです。

関連記事

スポンサーリンク

2024-04-14

Comments







非公開コメント