Top Page › メンタルヘルス › 現実と異なる革新を持ち続ける妄想障害について
2024-04-02 (Tue) 10:53

現実と異なる革新を持ち続ける妄想障害について

妄想障害、または妄想性障害とは、現実とは異なる確信を持ち続ける精神疾患です。

この病気の人々は、その妄想が非合理的であるという証拠があっても、それを信じ続けます。

妄想性障害は、その他の精神症状がほとんどないことが特徴で、日常生活においては比較的正常に機能することができます。

しかし、その妄想が原因で社会生活に支障をきたすこともあります。

妄想性障害にはいくつかのタイプがあり、それぞれが異なる妄想の内容を特徴としています。

例えば、被愛型では自分が特定の人物に愛されていると信じる妄想があり、誇大型では自分には特別な才能や重要な発見があると信じる妄想があります。

嫉妬型、被害型、身体型などもあり、それぞれが独自の妄想を持っています。

診断は主に医師の問診によって行われ、治療には抗精神病薬が用いられることがありますが、効果が限定的であることも少なくありません。

妄想性障害の治療は難しいとされており、特に本人に病識がない場合、治療を受けることに抵抗があることが一般的です。

妄想性障害は統合失調症と似ていますが、統合失調症に見られる幻聴や思考の障害などの他の症状がない点で異なります。

また、統合失調症と異なり、妄想性障害では社会機能が保たれていることが多いです。

この病気についての理解を深めることは、患者さんやその家族、友人、同僚などの支援にとって非常に重要です。

妄想性障害についてのさらなる情報は、専門の精神科医や心療内科医に相談することをお勧めします。.

関連記事

スポンサーリンク

2024-04-02

Comments







非公開コメント