Top Page › メンタルヘルス › パニック障害とは?
2024-03-26 (Tue) 08:40

パニック障害とは?

パニック障害とは、突発的な動悸やめまいなどの発作に繰り返し襲われ、再発への恐怖心にとらわれる精神障害です。

不安神経症の一種であり、恐慌性障害とも呼ばれます。

この状態は、予期せぬパニック発作が特徴で、発作は数分から1時間程度続くことが多く、その間に激しい不安や恐怖を感じます。

パニック障害は、生涯にわたって約1.8%の人が経験すると言われており、特に若い女性に多い傾向がありますが、最近では男性にも増えているとの報告があります。

パニック障害の主な症状には、「パニック発作」、「予期不安」、「広場恐怖」があります。

パニック発作は、動悸、発汗、息苦しさなどの身体的な症状が突然に現れることです。

予期不安は、再び発作が起こるのではないかという不安や心配を感じ続ける状態を指します。

広場恐怖は、発作が起こった際に助けを求められない、または逃げ出せない状況への恐怖を感じることです。

治療には、薬物療法と認知行動療法が一般的に用いられます。薬物療法では、抗うつ薬や抗不安薬が発作の抑制に役立ちます。

認知行動療法では、不安症状が生じる状況にあえて身を置き、徐々に不安に慣れていくことを目指します。

早期治療が順調な回復につながるため、パニック障害が疑われる場合は、早めに精神科や心療内科を受診することが推奨されます。

パニック障害は、適切な治療とサポートを受けることで、症状の管理や改善が可能です。

もし自分自身や周囲の人がパニック障害の症状を経験している場合は、専門の医療機関で相談をすることが大切です。

また、社会的な理解と支援も、患者さんが日常生活を送る上で重要な役割を果たします。

パニック障害についての正しい知識を持ち、適切な対応を心がけることが、患者さん自身だけでなく、社会全体の健康に貢献することにつながります。.

関連記事

スポンサーリンク

2024-03-26

Comments







非公開コメント