2024-03-10 (Sun) 17:29

リップルについて

リップルとは、分散型台帳技術を利用した国際送金ネットワークと、そのネットワーク上で流通する仮想通貨のことです。

リップルの目的は、銀行や金融機関が高速かつ低コストで国際送金を行えるようにすることです。

リップルの仮想通貨はXRPと呼ばれ、リップルネットワークの中間通貨として機能します。

XRPは、ビットコインやイーサリアムなどの他の仮想通貨と比べて、発行量が固定されており、マイニングが不要であることが特徴です。

また、XRPの取引速度は約4秒と非常に高速であり、取引手数料も極めて低いことが利点です。

リップルは、2004年にライアン・ファガーが開発したRipplepayというオンライン支払いシステムを起源とします。

その後、2012年にクリス・ラーセンとジェド・マカレブがRipple Labsを設立し、Ripplepayを改良してリップルプロトコルを開発しました。

2013年には、Google Venturesやアンドリーセン・ホロウィッツなどの有名な投資家から資金を調達しました。

2014年には、リップルは米国財務省の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)と協力して規制に準拠することを表明しました。

2015年には、リップルは国際銀行間通信協会(SWIFT)の代替手段として注目されるようになりました。

2016年には、日本の三菱UFJ銀行や三井住友銀行などの大手銀行がリップルネットワークに参加しました。2017年には、XRPの価格が急騰し、時価総額でビットコインに次ぐ第2位の仮想通貨となりました。

2018年には、リップルはサンダーバードやマネーグラムなどの国際送金サービスと提携しました。

2020年には、リップルは日本のSBIホールディングスや英国のバージン・グループなどの企業から追加の資金を調達しました。

2021年には、リップルは米国証券取引委員会(SEC)から訴えられる事態に直面しましたが、その後和解交渉に入りました。

リップルは現在も国際送金市場で革新的な役割を果たしており、世界中の多くの銀行や金融機関と提携しています。

リップルはまた、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発や普及にも積極的に関与しています。

リップルは将来的には、より安全で効率的で公平なグローバル決済システムを実現することを目指しています。

関連記事

スポンサーリンク

2024-03-10

Comments







非公開コメント