Top Page › 投資、マネー、為替、暗号資産、経済 › ビットコイン半減期はもうすぐ
2024-03-10 (Sun) 17:22

ビットコイン半減期はもうすぐ

ビットコインの半減期とは、ビットコインの供給量が半分になるイベントのことです。

ビットコインは、ブロックチェーンと呼ばれる分散型の台帳に記録される取引を承認することで、新たに発行されます。

この承認作業を行う人たちをマイナーと呼びますが、マイナーはその報酬として、新規発行されたビットコインを受け取ることができます。

しかし、ビットコインの総供給量は2100万枚に限定されており、そのうち約1890万枚がすでに発行されています。

つまり、残りのビットコインは約210万枚しかありません。

ビットコインの半減期は、ビットコインの供給量を制限する仕組みの一つです。ビットコインの発行量は、約4年ごとに半分になります。

最初の半減期は2012年に起こり、マイナーの報酬は50ビットコインから25ビットコインに減りました。

次の半減期は2016年に起こり、報酬は25ビットコインから12.5ビットコインに減りました。

そして、2020年5月に3回目の半減期が起こり、報酬は12.5ビットコインから6.25ビットコインに減りました。

そして、次の半減期は2024年に予想されており、報酬は6.25ビットコインから3.125ビットコインに減る予定です。

ビットコインの半減期は、ビットコインの価格にも影響を与えると考えられています。半減期が起こると、新規発行されるビットコインの量が減るため、供給量が減少します。

一方で、需要量は変わらないか増えると予想されます。

このように、供給量が需要量を下回ると、価格が上昇する可能性が高くなります。

実際に、過去の半減期では、その前後で価格が大きく上昇しています。

例えば、2012年の半減期では、その前後で価格が約20倍になりました。

2016年の半減期では、その前後で価格が約10倍になりました。

2020年の半減期では、その前後で価格が約5倍になりました。

もちろん、これらの価格変動は半減期だけが原因ではありません。他にも様々な要因が影響しています。

例えば、市場のセンチメントや規制環境や技術的なイノベーションなどです。

しかし、半減期はビットコインの供給量を決定する重要な要素であり、無視できない現象です。

2024年に予想される次の半減期では、どのような影響が起こるでしょうか?それは誰にも分かりません。

しかし、過去の傾向からすると、価格が上昇する可能性は高いと言えます。

また、マイナーの報酬が減ることで、マイニング難易度やハッシュレートやセキュリティなどにも影響が出る可能性があります。

ビットコインの半減期は、ビットコインの未来に大きな影響を与えるできごとです。

ビットコインに関心のある方は、このイベントに注目しておくと良いでしょう。

関連記事

スポンサーリンク

2024-03-10

Comments







非公開コメント