Top Page › I.B.D健康情報館~記事 › 新陳代謝などを維持するオートファジー|16時間断食はオートファジーを利用した健康法
2024-03-02 (Sat) 10:26

新陳代謝などを維持するオートファジー|16時間断食はオートファジーを利用した健康法

オートファジーの仕組み
オートファジー(自食作用)とは、自分を食べるという意味のギリシャ語を組み合わせた造語になります。

細胞内の老廃物や損傷した細胞成分を分解して再利用する機能のことです。

細胞内における新陳代謝など機能維持の為重要な役割を担っています。

オートファジーが誘導される初めの段階は、不要物の取り組みです。

細胞内で不要になったタンパク質や核、ミトコンドリアなど細胞小器官を特定します。

それを包み込む隔離膜が出現して、一時的に不要物を保管する場所として包み込む袋を作ります。

包み込む袋をオートファゴソームと言います。

不要物を取り込んだら次は不要物を分解します。

不要物を保管するオートファゴソームは、リソソームという器官と融合します。

リソソームには、分解酵素が含まれているので不要物が分解されていきます。

そして、不要物を再利用します。

分解された不要物はアミノ酸となりタンパク質の合成やエネルギーの供給に再利用されて細胞恒常性を維持しています。

細胞内に不要物が溜まると細胞の機能が損なわれて老化が進む可能性があります。

私たちの身体はオートファジーを通じて健康な状態を保っているのです。

続きはこちら
↓↓↓

関連記事

スポンサーリンク

2024-03-02

Comments







非公開コメント