Top Page › メンタルヘルス › 不安障害とは?パニック障害、社交不安障害
2024-02-20 (Tue) 20:41

不安障害とは?パニック障害、社交不安障害

不安障害とは、過度な不安や恐怖が日常生活に支障をきたすような精神疾患の総称です。

不安障害には、パニック障害、全般性不安障害、社交不安障害などがあります。

パニック障害とは、突然の強い恐怖や動悸、息切れなどの身体症状を伴う発作が起こる状態です。

発作は数分から数十分で収まりますが、再発することを恐れて避ける行動をとるようになります。

パニック障害の原因は明確ではありませんが、ストレスや遺伝的要因などが関係していると考えられます。

パニック障害の治療法は、薬物療法と認知行動療法が主に用いられます。

薬物療法では、抗うつ薬や抗不安薬などを服用して発作の頻度や強度を減らします。

認知行動療法では、発作の原因や仕組みを理解し、不安や恐怖に対処する方法を学びます。

全般性不安障害とは、特定の事象や状況に限らず、日常生活のさまざまなことに対して過剰な不安や心配を感じる状態です。

不安や心配は持続的で制御できず、身体的な症状や集中力の低下などを引き起こします。

全般性不安障害の原因も明確ではありませんが、性格や生育環境、ストレスなどが影響していると考えられます。

全般性不安障害の治療法も、薬物療法と認知行動療法が主に用いられます。

薬物療法では、抗うつ薬や抗不安薬などを服用して不安や心配を和らげます。

認知行動療法では、不安や心配の根拠や妥当性を検証し、現実的な思考や行動に修正する方法を学びます。

社交不安障害とは、人前で話すことや注目されることなどに対して極度の不安や恐怖を感じる状態です。

社交的な場面において赤面したり震えたりすることを恥ずかしがり、避けるようになります。

社交不安障害の原因は、過去のトラウマや否定的な評価などが関係していると考えられます。

社交不安障害の治療法は、薬物療法と認知行動療法が主に用いられます。

薬物療法では、抗うつ薬や抗不安薬などを服用して不安や恐怖を軽減します。

認知行動療法では、自己評価や他者評価に対する認知の歪みを修正し、社交的なスキルや自信を向上させる方法を学びます。

不安障害は、自分だけでなく周囲の人にも影響を及ぼすことがあります。

もし自分や身近な人に不安障害の症状があると感じたら、早めに専門家に相談することが大切です。

不安障害は、適切な治療を受ければ改善する可能性が高いです。

不安障害に悩む人は、一人で抱え込まずに、信頼できる人に話したり、支援を求めたりすることも助けになります。

関連記事

スポンサーリンク

2024-02-28

Comments







非公開コメント