Top Page › I.B.D健康情報館~記事 › 腱組織に有効なストレッチ時間は2分かも|1分と2分とでは効果に顕著な差が出るがそれ以上だと有意差はない
2024-02-06 (Tue) 09:36

腱組織に有効なストレッチ時間は2分かも|1分と2分とでは効果に顕著な差が出るがそれ以上だと有意差はない

ストレッチとは?
ストレッチとは、筋肉や関節を伸ばすことで、柔軟性や可動域を高める運動のことです。

ストレッチには、主に静的ストレッチ(スタティックストレッチ)と動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)があり、特殊な方法としてはPNFストレッチもあります。

静的ストレッチとは、一定の姿勢で筋肉を伸ばし続ける方法で一般的に知られているストレッチになります。

一般的にストレッチと言えばこの静的ストレッチのことを指します。

動的ストレッチとは、関節を動かしながら筋肉を伸ばす方法で、筋肉の温度や神経伝達を高める効果があります。

PNFストレッチは、筋肉の柔軟性を高めのに効果的な方法です。

PNFとは、神経筋機能促進法(Proprioceptive Neuromuscular Facilitation)の略で、筋肉の収縮と弛緩を交互に行うことで、筋肉の伸張反射を抑制し筋肉を伸ばしていく方法です。

PNFストレッチには、3つの基本的なパターンがあります。

PNFストレッチは、一般的な静的ストレッチよりも効果が高いと言われています。

ストレッチは、運動前や運動後に行うことで、パフォーマンスの向上や怪我の予防に役立ちます。

また、日常生活でも、長時間同じ姿勢でいることによる筋肉の硬化や疲労を解消するために行うことができます。

ストレッチは、自分の身体の状態や目的に合わせて適切な方法や強度で行うことが重要です。

無理なストレッチは、筋肉や関節に負担をかけて逆効果になることもあります。
]
続きはこちら
↓↓↓
腱組織に有効なストレッチ時間は2分かも|1分と2分とでは効果に顕著な差が出るがそれ以上だと有意差はない 

関連記事

スポンサーリンク

2024-02-06

Comments







非公開コメント