Top Page › I.B.D健康情報館~更新情報 › ストレッチは入浴後が効果的!柔軟性・関節可動域向上|入浴前後の比較研究
2024-01-25 (Thu) 15:53

ストレッチは入浴後が効果的!柔軟性・関節可動域向上|入浴前後の比較研究

ストレッチとは?
ストレッチとは、筋肉や関節を伸ばすことで柔軟性や関節可動域を高める運動のことです。

ストレッチには、スタティックストレッチ(静的ストレッチ)、バリスティックストレッチ、ダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)、PNFストレッチなどがあります。

一般的なストレッチは、スタティックストレッチと言われるものになります。

スタティックストレッチは、一定の姿勢で筋肉を伸ばすことで筋肉の緊張をほぐし、血流を改善する効果があります。

バリスティックストレッチは、反動を利用して筋肉を伸ばしていく方法です。

関節可動域の向上が見込めますが、反動を利用するので筋・腱を痛めてしまう可能性が高くなります。

ダイナミックストレッチは、関節可動域内で関節を動かしながら筋肉を伸ばすことで、筋肉の温度(筋温)や代謝を上げ、パフォーマンスを向上させる効果があります。

運動前のウォーミングアップに適したストレッチになります。

一般的にストレッチは、運動前や運動後に行うことで怪我の予防や回復に役立つとされています。

また、日常生活でも疲労や凝りを解消するために行います。

ストレッチは、自分の身体の状態に合わせて適切な方法や強度で行うことが重要となります。

無理なストレッチは、筋肉や関節に負担をかけて逆効果になることもありますので注意も必要です。

ここでは一般的な筋肉を伸ばして、その状態をキープするスタティックストレッチについてみていきます。

続きはこちら
↓↓↓
ストレッチは入浴後が効果的!柔軟性・関節可動域向上|入浴前後の比較研究

関連記事

スポンサーリンク

2024-01-25

Comments







非公開コメント