Top Page › I.B.D健康情報館~更新情報 › 13種類のビタミンの特徴簡単に|抗酸化ビタミンとビタミンDについて
2024-01-21 (Sun) 09:41

13種類のビタミンの特徴簡単に|抗酸化ビタミンとビタミンDについて

ビタミンとは?
ビタミンとは、生体内で合成できないか、あるいは合成できても必要量を満たせない有機化合物のことです。

必要量は微量ですが、生体の正常な代謝や生理機能の維持に必要不可欠な栄養素になります。

ビタミンには水溶性と脂溶性の2種類があり、水溶性のものは体内に蓄積されにくく、過剰摂取しても尿として排出されます。

一方、脂溶性のものは体内に蓄積されやすく、過剰摂取すると中毒症状を引き起こす可能性があります。

ビタミンの摂取量は、年齢や性別、体調などによって異なります。

一般的には日本人の食事摂取基準に従ってバランスよく摂ることが望ましいとされています。

続きはこちら
↓↓↓

関連記事

スポンサーリンク

2024-01-21

Comments







非公開コメント