Top Page › I.B.D健康情報館~更新情報 › 加齢による筋力低下を防ごう!高齢者の歩行訓練筋力トレーニングの効果は?
2024-01-12 (Fri) 15:10

加齢による筋力低下を防ごう!高齢者の歩行訓練筋力トレーニングの効果は?

歩行に必要な筋力トレーニングとは?
まず、高齢者歩行訓練筋力トレーニングの方法について見ていきましょう。

高齢者の為の歩行訓練筋力トレーニングの方法は、主に以下の3つに分けることができます。

下半身の筋力トレーニング
太ももやふくらはぎなどの下肢の筋肉を強化するトレーニングです。
下半身の筋肉は歩行時に重要な役割を果たしますが、加齢に伴って衰えやすいです。
下半身の筋力トレーニングには、スクワットやマシンを使ったレッグプレス、立ち上がりや階段昇降などの日常動作を利用したトレーニングがあります。
スクワットは筋力トレーニングの中でも最重要となるので、スクワットは必ず取り入れるようにしましょう。
スクワット動作が難しい場合は、後ろに椅子を置いたり、机に手を置いたりしてできることから始めて徐々にレベルを上げて行くようにします。

バランストレーニング
体幹や足首などのバランス感覚を鍛えるトレーニングです。
バランス感覚は、歩行時に姿勢を安定させる為に必要です。
バランストレーニングには、片足立ちやタンデムウォークなどの単純な動作から、ボールやディスクなどの不安定な台の上で行う動作まで様々なものがあります。
初めは片足立ちをしてみましょう。
これだけでも身体を安定させる為に様々な筋肉を使います。
片足で立つことができない場合は、身体を安定させる筋肉がうまく機能していないことになります。

歩幅・歩速トレーニング
歩幅や歩速を伸ばす為に行うトレーニングです。
歩幅や歩速は、歩行能力の指標となります。
歩幅・歩速トレーニングには、マーカーやテープなどを使って一定の距離や時間で歩くトレーニングや音楽やメトロノームなどに合わせてリズムよく歩くトレーニングがあります。

続きはこちら
↓↓↓

関連記事

スポンサーリンク

2024-01-12

Comments







非公開コメント