Top Page › I.B.D健康情報館~更新情報 › 牛乳は不健康|マグネシウム不足によって骨を弱らせてしまう原因に
2023-12-23 (Sat) 09:23

牛乳は不健康|マグネシウム不足によって骨を弱らせてしまう原因に

牛乳は不健康かも
牛乳と言えばカルシウムが豊富です。

カルシウムは骨を構成する成分なので、牛乳は骨に良いと思っている人は多いかと思います。

しかし、牛乳を飲んでも骨は強くならないことが分かっています。

なぜなら、牛乳にはカルシウムは豊富に含まれていますがマグネシウムがほとんど含まれていないからです。

カルシウムとマグネシウムはバランスが大事で、カルシウムだけ摂っても骨は強くなりません。

また、それ以外にも問題があります。

実際に牛乳や乳製品の摂取量が多い人ほど骨折やガンのリスクが高いことが分かっています。

日本では、学校給食で当たり前のように牛乳が出てきますので、身体に良いと信じ込んでいる人は多いことでしょう。

1日一切れ以上のチーズの習慣で骨折リスクが3.99倍、1日2杯以上の牛乳の飲用習慣で骨折リスク2.14倍、1日1杯以上のヨーグルトの習慣で骨折リスク3.46倍になるという調査結果があります。

鈴木隆雄「わが国の大規模調査による大腿骨頸部骨折の症例対照研究」より

同じカルシウムを摂取するならマグネシウムも多く含まれる大豆や玄米、青菜などのほうが牛乳よりも良いです。

続きはこちら
↓↓↓

関連記事

スポンサーリンク

2023-12-23

Comments







非公開コメント