Top Page › I.B.D健康情報館~記事 › 筋力トレーニングと有酸素運動を同日にするとマイナス効果が?コンカレントトレーニングの干渉作用 - 健康情報館
2023-11-07 (Tue) 10:03

筋力トレーニングと有酸素運動を同日にするとマイナス効果が?コンカレントトレーニングの干渉作用 - 健康情報館

コンカレントトレーニングとは?
複数のトレーニングを同時に行うことをコンカレントトレーニングと言います。

例えば、筋力トレーニングとランニングを組み合わせて行うことです。

コンカレントトレーニングは、異なる種目を組み合わせることで全身のバランスを整えることができます。

全身をバランス良く鍛えることができるコンカレントトレーニングは効率的な方法と言えます。

多くのスポーツでは、筋力、瞬発力、筋持久力、全身持久力などトータル的な体力が求められます。

なので、コンカレントトレーニングをすることでスポーツパフォーマンス向上に繋がります。

複数の種目を組み合わせることで、身体のバランスや柔軟性も向上し、より幅広い動きができるようにもなります。

これによって、スポーツ競技や日常生活での身体の動きの質を高めることができます。

しかし、コンカレントトレーニングを効果的に行う為には、計画的な取り組みが必要です。

自己流で行う場合、適切な負荷や順序を誤る可能性があります。

筋力と持久力は相反する能力でもあり干渉作用が起こります。

干渉作用によって筋力トレーニングの効果が抑えられてしまうことがあるのです。

筋力トレーニングと有酸素トレーニングを同日に行う場合は、特に注意が必要になります。

続きはこちら
↓↓↓

関連記事

スポンサーリンク

2023-11-07

Comments







非公開コメント