Top Page › I.B.D健康情報館~記事 › 筋力トレーニングの効果を出す食事とは?タンパク質だけではない糖質も重要|バランスの取れた食事を意識しよう
2023-10-25 (Wed) 13:11

筋力トレーニングの効果を出す食事とは?タンパク質だけではない糖質も重要|バランスの取れた食事を意識しよう

タンパク質の摂取は特に重要
筋力トレーニングをする人にとって特に重要なのがタンパク質です。

筋肉はタンパク質で構成されていますので、筋肉をつけるにはタンパク質が欠かせません。

いくらトレーニングをしても筋肉の材料であるタンパク質が不足していると筋肉は作られません。

毎日適切な量のタンパク質を摂るようにしましょう。

タンパク質の摂取目安ですが、一般の人であれば体重1kgあたり1gとされています。

運動量が多い人、スポーツをしている人は少し多めに1.2~1.5g程度を目安にしてみましょう。

ハードなトレーニングをするアスリートであれば2gが目安となることが多いです。

ボディビルをしている人であれば、さらに多く摂取している人もいるかと思います。

しかし、タンパク質を摂取すればするほどタンパク質の合成が高まるわけでもありません。

これまでの研究報告によると体重1kgあたり2g以上のタンパク質を摂取しても体内のタンパク質合成率は頭落ちになるようです。

つまり2g以上摂取しても無駄になってしまうことになります。

もちろん人それぞれで反応は異なるので一概に言えないと思いますが、多くても2g程度を上限にしておくといいのではないでしょうか。

また、タンパク質の摂りすぎは肝臓や腎臓に負担がかかると言われてきました。

しかし、近年の報告によると健康な人であれば問題はないとの結果が出ているようです。

健康な人であれば肝臓や腎臓への負担は、それほど考えなくていいかと思いますが、もちろん常識の範囲内での話かとも思います。

腎障害がある人はタンパク質の制限があるかと思いますので、腎臓が悪い人に関してはタンパク質の摂取は控えるようにしましょう。

タンパク質が多い食品は、肉や魚、卵、乳製品、大豆製品などです。

これらの食品には、体内で合成することができない必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

良質なタンパク質とは、必須アミノ酸がバランスよく含まれた食品になります。

毎食これらの食品を意識してみましょう。

続きはこちら
↓↓↓
筋力トレーニングの効果を出す食事とは?タンパク質だけではない糖質も重要|バランスの取れた食事を意識しようhttps://health.body-design.org/?p=1833

関連記事

スポンサーリンク

2023-10-25

Comments







非公開コメント