Top Page › I.B.D健康情報館~記事 › アスリートに役立つコンディショニングの為の栄養摂取について
2023-09-20 (Wed) 16:53

アスリートに役立つコンディショニングの為の栄養摂取について

トレーニング内容と栄養摂取
アスリートは試合や大会で最高のパフォーマンスを発揮できるようにトレーニング内容や体調管理を計画的に取り組むことが必要になります。

栄養摂取についても年間を通して健康な食事として、主食、主菜、副菜、乳製品、果物などの食品をバランス良く摂取することが基本となります。

バランスの良い食生活をベースとしてそれぞれの期分けで計画されるトレーニング内容やその目的に沿って摂取量やタイミングも工夫していくと良いです。

筋肉を鍛えるウェイトトレーニングの効果を最大限に得るにはタンパクnな摂取量やタイミングを工夫をする必要があります。

アスリートのタンパク質摂取量の目安は、一般的に体重1kgあたり1.6~2.2程度が良いとされています。

一般的にタイミングとしては、トレーニングの刺激によってタンパク質代謝が亢進している運動後2~3時間以内に1日に必要なタンパク質の10~20%程度摂取すると良いとされています。

また、勘違いをしている人も多いかもしれませんがタンパク質を摂れば摂るほどタンパク質合成率が上がるわけではありません。

過剰に摂取しても筋肉は作られませんし、体脂肪の増加や腎臓、肝臓の疲労に繋がることもあります。

1日の食事内容とプロテインパウダーの摂取量も合わせて計算をして適切な量のタンパク質を摂取するように心掛けるようにしましょう。

続きはこちら
↓↓↓

関連記事

スポンサーリンク

2023-09-20

Comments







非公開コメント