Top Page › I.B.D健康情報館~記事 › 長時間トレーニングはケガのリスク増加!上達する保証もない、休むことが重要
2023-07-17 (Mon) 11:47

長時間トレーニングはケガのリスク増加!上達する保証もない、休むことが重要

長時間トレーニングは無意味
長時間トレーニング、練習をすればその分、効果も高くなると思われがちかもしれませんが、練習やトレーニングを長時間行ってもメリットはないと言えます。
むしろデメリットしかないと言ってもいいでしょう。

なぜなら長時間トレーニングをすることは数々の弊害があるからです。

生理学的な観点から、長時間身体を動かし続けるということは、当たり前ですがそれだけたくさんのエネルギーを消費することになります。

スポーツには、様々な性質の競技があり、中にはトライアスロンや100kmマラソンといったような長時間行う競技もあります。

しかし、そういのは別として、その競技のもともとの競技時間に対して練習やトレーニングがあまりにも長かった場合、それはそもそも自然の姿だと言えなくなってしまいます。

長時間にわたってエネルギー消費をすれば、それだけ消耗するエネルギーは膨大になります。

そして、余分なエネルギーがあまりにも少ないと骨や血液を作る、あるいは免疫機能など生きる為に必要なエネルギーもなくなってしまいます。

このように生活を支える為のエネルギーが不足している状態のことをスポーツにおける相対的エネルギー不足、RED-Sと言います。

これによって様々な健康問題が引き起こされるとされています。

長時間トレーニングによって膨大なエネルギーを消費し休養時間が少なくなる、あるいは食事の量が不十分になる状態が続けば、生きる為のエネルギーが不足することになり、その結果、免疫、代謝、心血管系、成長・発達などの生理的機能に悪影響をもたらし、ケガが起こりやすくなります。

続きはこちら
↓↓↓
長時間トレーニングはケガのリスク増加!上達する保証もない、休むことが重要

関連記事

スポンサーリンク

2023-07-17

Comments







非公開コメント