Top Page › I.B.D健康情報館~記事 › 五大栄養素とは?炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミンとミネラルの主な機能
2023-03-23 (Thu) 13:43

五大栄養素とは?炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミンとミネラルの主な機能

炭水化物は生きる為のエネルギーになる
私たちが毎日食べている食品には、主に炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルが含まれています。

これらは五大栄養素と呼ばれ、私たちが生きていくのに欠かせない栄養素になります。

炭水化物は一般的に糖質のイメージがあるかと思いますが、厳密には糖質と食物繊維の総称のことを炭水化物と言います。

ここでの炭水化物は、糖質についてお話になります。

炭水化物は、単糖を主成分とする栄養素です。

米やパン、麺類などの主食、イモ類、砂糖や果物の仲にも多く含まれています。

体内に入ってきた炭水化物は、体内でエネルギーを作る材料になります。

このエネルギーによって私たちは、体温を一定に保ったり筋肉を動かしたり、心臓や脳などの臓器を働かせることができます。

穀物やイモの炭水化物は、単糖類であるグルコースが多数結合したでんぷんになります。

でんぷんは、口から入って最終的に小腸でグルコースにまで分解されます。

グルコースは、細胞内のミトコンドリアでエネルギー源であるATPを生み出します。

1gのグルコースからは、約4kcalのエネルギーが生じます。

一つのグルコースから一つのATPが合成されます。

実際には、30数個ものATPが合成されます。

ATPは、アデノシン三リン酸と言って、三つのリン酸が結合しています。

リン酸同士は大きなエネルギーを使って結合をしているので、リン酸が一つでも外れると大きなエネルギーが放出されます。

このエネルギーが私たちの生命活動に使われています。

続きはこちら
↓↓↓

関連記事

スポンサーリンク

2023-03-23

Comments







非公開コメント