Top Page › I.B.D健康情報館~記事 › 代謝の過程で作られる老廃物、体内から入ってくる有害物質について
2022-12-06 (Tue) 10:34

代謝の過程で作られる老廃物、体内から入ってくる有害物質について

エネルギー代謝で作られる老廃物
私たちは食べ物を食べてエネルギーを生み出して、代謝の過程で作られた不要なものを老廃物として体外に排出しています。

また、体内に入って来た不要なものや有害なものが身体に蓄積しないように排出をしています。

デトックスと言う言葉は医学用語ではありませんが、これが俗に言うデトックスになります。

体内にゴミが溜まっていると吸収や巡りをスムーズに行うことができなくなります。

健康の為には、このデトックスを滞りなく行うことが重要と言えます。

私たちがデトックスしているものには大きく分けるとエネルギー代謝やタンパク質の代謝の過程で作られる老廃物と体内に入ってくる有害物質があります。

老廃物の代表的なものは、クレアチニン、尿酸、アンモニアなどがあります。

体内に入ってくる有害物質の代表的なのは、アルコールやアクリルアミド、タバコの成分などです。

これらは外から入ってきますが、生活をしていく上で避けられない場合もあるかと思います。

私たちのエネルギーはATP(アデノシン三リン酸)と言われる物質です。

ATPは細胞内で三大栄養素を代謝して作られています。

核酸と糖、3つのリン酸が結合した構造をしています。

リン酸の3つのうち1つが外れるとADP(アデノシン二リン酸)になり、この時にエネルギーが発生します。

ADPは、またリン酸と結合をしてATPになり再びエネルギーを作ることができます。

続きはこちら
↓↓↓
代謝の過程で作られる老廃物、体内から入ってくる有害物質について

関連記事

スポンサーリンク

2022-12-06

Comments







非公開コメント