Top Page › I.B.D健康情報館~記事 › 筋肥大をさせるには「強い力を出すこと」「トレーニング容量を増やこと」が重要、70~80%1RMがちょうどマッチしている
2022-03-11 (Fri) 10:12

筋肥大をさせるには「強い力を出すこと」「トレーニング容量を増やこと」が重要、70~80%1RMがちょうどマッチしている

刺激が強いだけでは筋肉は太くならない

筋肉に強い力学的刺激を与えれば、それに対抗して身体は筋肉を強化しようと言う適応反応が起こります。

これは生物として当然起こる適応だと言えます。

強い力が必要であれば、それに耐えられる筋肉を作らないと生き延びていけないと言う身体の反応です。

これが長期的な適応と言う形で筋肉が太くなり、骨を強くすると言う結果が出てくるのです。

それならば、筋肉を大きくするには強い力を発揮すればいいだろうと思うかもしれません。

しかし、実際には筋肉を太くするトレーニングはそんなに単純ではありません。

強い力だけを考えれば、ジャンプのような瞬間的な大きな刺激が加わるトレーニングが良いと言うことになります。

プライオメトリックトレーニングのように高い台から飛び降りたり、反動を利用してジャンプをしたり助走をつけて一気に上に飛び上がったりすると瞬間的な床反力は500~600kg重と言う数値になることもあります。

なので筋肉にかかる負荷は200kgのバーベルを担いだスクワットよりも高くなることになります。

ですが、このようなトレーニングでボディビルダーのように筋肉がどんどん大きくなるのかと言うと決してそうではありません。

筋肉を肥大させるトレーニングには、70%1RM~85%1RM程度の負荷を使い、3セット行うと言うスタンダードがあります。

例えば、95%1RM×2回と言うトレーニングを延々と続けても筋肉を太くする効果はあまり大きくはありません。

これはトレーニング界の常識となっています。

つまり、筋肉を肥大させるには力学的ストレス以外にも重要な刺激があると言うことになります。

では、その刺激とは一体何なのでしょうか。

続きはこちら
↓↓↓

関連記事

スポンサーリンク

2022-03-11

Comments







非公開コメント