Top Page › I.B.D健康情報館~記事 › 筋肉が大きく肥大するのは「筋繊維再生系」と「タンパク質代謝系」によって起こる
2022-02-02 (Wed) 10:17

筋肉が大きく肥大するのは「筋繊維再生系」と「タンパク質代謝系」によって起こる

筋肥大には「再生系」と「代謝系」の2つのメカニズムがある

筋力トレーニングをすると筋肉は肥大して大きくなっていきますが、果たしてどのようなメカニズムで筋肉が肥大するのでしょうか。

これは今でも完全に解明されているわけではありませんが、ここ10数年でかなりの研究が進んでいきています。

筋肉が大きく肥大するメカニズムは、大きく分けると2つあることがはっきり分かっています。

それが「筋繊維再生系」と「タンパク質代謝系」です。

まず筋繊維再生系ですが、これは筋繊維が壊れたり傷ついたりした時に再生をする仕組みです。

筋力トレーニングをすると細胞が傷つき、それを修復する過程で太くなると聞いたことがあると思いますが、それがこれです。

再生系は、筋力トレーニングをすると活性化します。

筋繊維再生系の役割は、細胞を作って筋繊維を増やしていくことと、筋繊維一本一本を補修しながら少しずつ太くしていくことです。

続きはこちら
↓↓↓

関連記事

スポンサーリンク

2022-02-02

Comments







非公開コメント