Top Page › I.B.D健康情報館~記事 › インスリン抵抗性は脂肪細胞の貯蔵が限界になると生じる、脂肪の貯蔵力で血糖値は決まる!?
2022-01-28 (Fri) 09:54

インスリン抵抗性は脂肪細胞の貯蔵が限界になると生じる、脂肪の貯蔵力で血糖値は決まる!?

肪細胞が満杯になるとインスリンが働けない

私たちが摂取したエネルギーが余ったら体脂肪として蓄えられていきます。

糖質、脂質、タンパク質の三大栄養素は、どれも体脂肪になります。

脂肪を貯蔵できるのは、皮下や腸を固定する腸間膜と言う膜、筋肉細胞の間にある脂肪細胞です。

お腹をぽっこりさせ典型的な肥満体型を招く内臓脂肪は、主に腸間膜に蓄積した脂肪のことを言います。

それぞれの脂肪の大きさは、標準的な大人の場合、直径70~90μgとされています。

貯蔵する脂肪が増えると膨らんできますが、それでも直径で1.3倍程度(体積で2倍程度)が限界とされています。

脂肪細胞は脂肪を貯蔵できる空きスペースがある時は、アディポネクチンと言うホルモンを出し脂肪を合成して貯蔵するように促します。

アディポネクチンは、貯蔵の空きスペースを知らせる情報発信をしています。

一般的にアディポネクチンは、内臓脂肪が増えると分泌量が減っていきます。

つまり、皮下脂肪に蓄えられないほど脂肪が溢れ、内臓の貯蔵庫まで使わざるをえなくなると、脂肪の貯蔵庫は限界近くになりますが、貯蔵庫の空きスペースの情報の発信を控えることになります。

すると今度は、別のいくつかのホルモンが身体に脂肪が満杯状態であることを知らせるようになります。

例えば、レプチンと言うホルモンは脳に働きかけ食欲を抑えようとします。

ブドウ糖を細胞に取り込み脂肪の合成を促進するのはインスリンです。

脂肪細胞が満杯でアディポネクチンが出ていない状態だとインスリンは本来の働きをすることができなくなってしまいます。

その結果、インスリン抵抗性を生じてしまい糖尿病の発症に繋がってしまいます。

続きはこちら
↓↓↓

関連記事

スポンサーリンク

2022-01-28

Comments







非公開コメント