栄養、食事、運動、人の心理などに関するIZUのブログ

日々の健康作りや日常生活に役立つような情報を発信していきたいと思います。
Top Page › Category - 恋愛に役立つ心理学
2021-07-01 (Thu)

似た者同士のカップルは上手くいく

自分と似ている人なら安心できる恋人にしたい理想のタイプと実際に好きなる人が違った、と言うのはよくある話かと思います。好きになった理由を聞いてみると、共通の趣味があった、出身地が近い、同じサッカーファンだった、など相手と何らかの共通点や類似性があることが非常に多く見られます。恋愛においてこれはとても重要な決め手となると言うことです。趣味や嗜好が似ていたり、共通の話題があると一緒に過ごす時間が非常に楽...
2021-06-30 (Wed)

毎朝合う人が気になってしまうのは単純接触によるもの

人は顔を合わせるだけで好きになる人は、頻繁に顔を合わせる人に好意を持ちます。顔を頻繁に合わせることで相手を好きになるのです。こんなことで本当に好きになってもらえるかと思うかもしれませんが、これは事実です。これを単純接触の原理と言います。アメリカの心理学ザイアンスが実験でも証明したことからザイアンス効果とも呼んだりもします。ザイアンスの実験では、実験参加者に無意味な図形や初めて見る人物の写真を数回回...
2021-06-29 (Tue)

男性は気になる人の前では姿勢が傾く

男性は気になる相手の前では肩の力が抜けて斜めになる人は、言葉よりも仕草や表情、視線などでも気持ちを語っています。相手を観察することで相手の気持ちを見抜くこともできます。これを非言語コミュニケーションと言います。受け手もまた、メラビアンの法則によってそこに表われたサインに様々な影響を受けます。つまり、気になる相手の仕草や表情に表われたサインがわかれば、効果的に対処することができると言うことです。です...
2021-06-28 (Mon)

小食だと思われたい乙女心、好意の分だけ食べれなくなる

女性は男性の前では女性らしさをアピールする女性は男性の前では、女性らしさをアピールしようとします。目の前にいるのが、気になる男性であれば尚更です。普段は良く食べるのに、男性の前だと小食ぶる人がいるかと思いますが、これは「女性は小食」と言うイメージを持っているからです。実験でも女性が同席する場合と男性が同席する場合では、女性は食べる量が明らかに違うと言う結果がでています。自分のある部分を見せることを...
2021-06-27 (Sun)

パーソナルスペース、距離を詰めれば心の距離も近くなる

身体の周りは自分の空間、パーソナルスペース動物番組を見ているとテリトリーの話が出てくるかと思います。動物や昆虫の場合、自分の縄張りに侵入してくるものを排除しようと攻撃をする行動が顕著に見られます。縄張りは人間にもあり、これをパーソナルスペースと言います。自分を中心にして遠くから公的ゾーン、社会的ソーン、対人的ゾーン、親密ゾーンの4つに分けられています。人にも動物と同じでパーソナルスペースを守る習慣...
2021-06-26 (Sat)

アイコンタクトは気になっているサイン?男性は勘違いしやすい

よく目が合うのは、好きと言うサインかもしれない友達グループや社内の同僚などで、よく目が合う人がいませんか。あるいは無意識に誰かを目で追っていたりしていませんか。こうした行動は、相手に好意を持っている証拠になります。好きな人を目で追ってしまうのは、無意識のうちに好意を伝えようとしているからです。人は、好意を持っている相手とアイコンタクトを取ったり視線を送ったりする習慣があります。特に物理的に距離が離...